【報告】 第289回 ねりやくステップアップ研修会

  • 2018.09.13
  • 研修会

【報告】 第289回 ねりやくステップアップ研修会  

(社保・生涯教育委員会 提供)

 

JPALSコード:13-2018-0089-101

日本薬剤師研修センター:1単位

 

日時:平成30年9月11日(火)19:30~

場所:石神井公園区民交流センター 展示室兼集会室

 

演題:『小児在宅医療について』

 

演者:かみさぎキッズクリニック 院長 大谷 俊樹 先生

 

参加者:78名(会員41名・非会員23名・基幹病院6名・実習生8名)

 

 

 

今月のねりやくステップアップ研修会は

 

「小児在宅医療について」

 

という演題で

 

かみさぎキッズクリニック 院長 大谷 俊樹 先生

 

にご講演いただきました。

 

 

 

講演では

 

・小児在宅を開始した経緯

 

・小児在宅での基礎疾患(開業当初)

 

・開業当時の小児在宅医療の特徴

 

・訪問先での診療内容

 

・在宅での医療的処置そのポイント

 

・小児在宅での基礎疾患(現在)

 

・在宅導入患児の最近の傾向

 

・小児在宅医療と漢方

 

・小児在宅医療で漢方にできること

 

・小児在宅医療で薬局さんへのお願い

 

・小児在宅医療における問題点

 

・開業医の小児在宅医療の今後

 

以上につきまして、多くの症例提示も含めて詳しくご講演いただきました。

 

小児在宅をテーマにした研修会は、練馬区薬剤師会でも初めての開催でした。地域包括ケアシステムという言葉が昨今言われておりますが、小児在宅においても

「地域の患児は地域で診る」

という、先生のお言葉が印象的でした。

講演終了後は多くの質問も出て、盛会のうちに終了となりました。

 

久しぶりの石神井公園地区での開催でしたが、多くの先生方にご参加いただき本当にありがとうございました。

 

 

 

次回のねりやくステップアップ研修会は

平成30年10月17日(水)ココネリ にて

『平成30年度 みてさわって研修会 「褥瘡用医療材料の選択」』

                       (在宅医療・介護連携委員会 提供)

というテーマにて開催いたします。

案内状は、このホームページ上にも10月初め頃、掲載する予定です。

 

今後のスケジュール

第290回 ねりやくステップアップ研修会 平成30年10月17日(水)

第291回 ねりやくステップアップ研修会 平成30年11月(日程未定)

 

社保・生涯教育委員会

主担当理事 齋藤英男