【報告】第284回 医薬講座

  • 2018.03.15
  • 講座

【報告】第284回 医薬講座 JPALSコード:13-2017-0368-101

                                                               日本薬剤師研修センター:1単位

 

日時:平成30年3月13日(火)19:30~

 

場所:練馬区立区民・産業プラザ 研修室1 (練馬駅北口複合施設Coconeri内)

 

演題:「潰瘍性大腸炎の治療戦略」

 

講師:順天堂大学医学部附属練馬病院 消化器内科 准教授 内視鏡センター長 

                                                                                                                                                川邉 正人先生

 

参加者:77名(会員47名・非会員27名・実習生3名)

 

 

今月の医薬講座は

「潰瘍性大腸炎の治療戦略」という演題で

順天堂大学医学部附属練馬病院 消化器内科 准教授 内視鏡センター長 川邉 正人先生 

にご講演いただきました。

講演では、潰瘍性大腸炎の疫学から臨床像、病態の分類、そして診断と治療(内科・外科)を詳しくご解説いただきました。実際の写真や症例も多くご提示いただき、具体的な「治療戦略」が理解することができました。

薬物治療の幅が増えてきている疾病ということもあり「薬剤師からの服薬アドヒアランス向上へのアプローチも非常に重要」という、先生からの熱いメッセージもいただけました。

そのメッセージを受けて、講演後には多くの質問も飛び交い、盛会にて終了となりました。

 

これにて、平成29年度の医薬講座、全10回のスケジュールは終了となりました。

平成30年度初回の医薬講座は、4月17日(火)光が丘区民センターにて

「禁煙」をテーマに行います。

「治療」の部分はもちろん、平成30年度以降の新たな練馬区の「禁煙支援事業」についても盛り込んでの開催を予定しております。

 

今後の開催予定

第285回医薬講座 平成30年4月17日(火)光が丘区民センター

第286回医薬講座 平成30年5月23日(水)練馬区立区民・産業プラザ(ココネリ)

第287回医薬講座 平成30年6月(場所・日付は未定)

社保・生涯教育委員会

主担当理事 齋藤英男